私たちのミッション

企業と働く人の
ミスマッチをなくす

Offersデジタル人材総研は、デジタル人材の採用・定着・活躍に関する情報提供を通じて、人材循環型社会の実現を目指す研究機関です。

現在DXをはじめとするIT投資の増加と、日本国を席巻する少子化に対し、未曾有のデジタル人材の不足が起きています。高過ぎる求人倍率は採用コストの増加を呼ぶだけでなく、企業が求める人材が揃うまでの時間もかかる傾向にあります。

また、人材の流動化、コロナ禍が後押ししたリモートワークの一般化、日本の伝統的な雇用スタイルである終身雇用制度の崩壊など、日本のデジタル人材の働き方は大きく変動を続けています。その結果、高いコストで採用したデジタル人材の定着が見込めず、企業経営に悪影響を与えている企業も確認されています。

このような状況を解決すべく、研究機関「Offersデジタル人材総研」を設立いたしました。弊社は、プロダクト開発人材の複業転職プラットフォーム「Offers」を提供しており、全国で1万7000人のエンジニア/デザイナーをはじめとするプロダクト開発人材に利用いただいています。当総研では、この「Offers」内のデータを活用し、情報として発信することで、デジタル人材の情報をタイムリーに発信を行い、企業の課題解決に貢献します。

  • デジタル人材採用における効率化のヒント
  • デジタル人材の定着・活躍を実現するためのヒント

Offersデジタル人材総研はこれらの活動を通し、個人のワークスタイル・ライフスタイルにおける新時代の働き方である副業・複業の推進を行います。

所員紹介

Offersデジタル人材総研 所長 久松 剛
Offersデジタル人材総研 所長

久松 剛

博士(政策・メディア)。Offersデジタル人材総研所長。合同会社エンジニアリングマネージメント社長兼「流しのEM」。自身でも副業での経験を機に起業。スタートアップ・ベンチャー・老舗製造業・人材紹介事業といった複数社での組織改善コンサル、システムチューニング・セミナーなどを担当。2000年より慶應義塾大学村井純教授に師事。2012年よりベンチャー企業を中心にインフラエンジニア、採用・組織づくり・中間管理職を3社にわたって経験。講演多数。

Offersデジタル人材総研 副所長 佐藤 歩
Offersデジタル人材総研 副所長

佐藤 歩

Offersデジタル人材総研 副所長。株式会社overflowのVPoEとしてエンジニアリング領域の組織開発や各種の戦略策定に携わる。過去にはソフトウェアエンジニアとしてWebシステムの受託開発や自社サービス開発を経たのち、技術人事として400人規模のエンジニア組織における横軸マネージメントの責任者や人事制度の企画・運営を経験した。Web開発に関する登壇、執筆経験多数。